地中熱ヒートポンプ「エネジオ」

地中熱ヒートポンプ エネジオ

地中熱を使って高効率で安定した冷暖房を

地中熱を利用して省エネの冷暖房を実現。寒冷地を中心に導入事例が広がっています。

地中熱ヒートポンプ「エネジオ」 製品写真

地中熱ヒートポンプ「エネジオ」のメリット

省エネ COP5.4~5.8
5機種ラインラップ 20~200kW
寒冷地でも安定した運転
  • 地中熱利用で寒冷地でも安定した暖房運転、夏の高効率な冷房運転
    高い省エネ性を発揮 省エネ定格COP 5.4~5.8
  • インバータ制御により部分負荷でも高いCOPを発揮
    冷房の100%運転で、COP =5.4~5.8、部分負荷運転ではCOP=8.0を実現
    暖房の100%運転で、COP=4.3~4.5、部分負荷運転ではCOP=6.4を実現
  • 一台で中規模(200m2~2000m2程度)以上の施設の冷暖房が可能
  • 半密閉型レシプロ圧縮機を使用。信頼性と高効率、高出力を同時に実現
  • 20kW、50kW、100kW、150kW、200kWまで5機種
  • 耐久性 熱源水 -10℃でも運転可(低温でも安定した運転)
  • 低騒音・低振動設計

※)COP=成績係数 冷房・暖房能力kW / 消費電力kW

エネジオの成績係数

地中熱ヒートポンプ「エネジオ」冷暖房時COP(グラフ)

インバータ制御が搭載されていて部分負荷運転になるとより高いCOPを発揮する特性
最も運転を絞った場合のCOP
 冷房時で8.0
 暖房時で6.4

Page Top