海外パートナー会社紹介

GEA - engineering better world -GEAグループ

日本熱源システムはドイツの装置メーカーGEAグループの冷凍機部門と提携しています。
GEAグループはドイツ・デュッセルドルフに本部を置く、産業用機械装置のメーカー企業群で、世界50カ国以上にまたがり、18,000人の社員で構成されています。 日本熱源システムは、1999年以来、GEAグループの冷凍機部門と技術提携しており、日本市場における独占販売権を有しています。 日本熱源システムでは、冷凍機ユニットの心臓部にGEAの圧縮機を用いて、日本の工場で冷凍機を製造しています。さらにGEA社の冷凍機ユニット「ブルーアストラム」を販売しています。

GEA社(Grassoスクリュー圧縮機)

GEA社のドイツ・ベルリン工場は、圧縮機の製造において150年以上の歴史を持ち、Grassoのブランドでスクリュー圧縮機を製造しています。

日本熱源システムでは、社員を常駐させ、日本向けプロジェクトの技術詳細の検討や、スペアパーツの配送など、日本のお客様のご要求に迅速に対応できる体制を取っています。

BOCK - colour the world of tomorrow -BOCK社(レシプロ圧縮機)

BOCK社はドイツ・シュトゥットガルトの郊外のフリッケンハウゼンに本社があり、圧縮機の製造において80年以上の歴史があります。ヨーロッパ市場を中心に半密閉レシプロ圧縮機のトップブランドの一つとして、高い評価と豊富な実績を有しています。製品はシンプルで強固な構造を持ち、オイルポンプを内蔵しているなど、高い信頼性と省エネ性を兼ね備えた圧縮機となっています。

バスやトラック、電車に搭載する輸送用の圧縮機にも豊富な実績があり、バス空調用のCO2冷凍機は新時代を切り拓く製品として注目を集めています。

2020年まではGEAグループの一員でしたが、2021年からはNORDホールディング社(独)の傘下となり、より独自性を発揮できる経営体制となりました。
日本熱源システムではCO2冷凍機「スーパーグリーン」や地中熱ヒートポンプ「エネジオ」にBOCK社の圧縮機を搭載しています。

Viessmann - climate of innovation -Viessmann社(太陽光温水器)

Viessmann社はドイツ・アレンドルフに本社を置く、ヨーロッパで最もメジャーな暖房・給湯機器のメーカーの一つです。スキージャンプやノルディック競技のワールドカップのメインスポンサーでもあります。

日本熱源システムでは、Viessmann社が製造する太陽光温水器の日本市場における独占販売権を有しています。特に真空管ヒートパイプ方式の太陽光温水器を製造できる数少ないメーカーの一つで、性能と信頼性の高さから日本でも急速に実績が広がりつつあります。

Freor - thinking green -Freor社(スーパーマーケット用ショーケース)

Freor社(フレオ)はリトアニア・ヴィリニュスに本社を置くスーパーマーケット用のショーケースメーカーです。
ドイツやスイス、北欧諸国などのハイエンドなスーパーマーケットで広く使われています。R290(プロパン)を冷媒とする圧縮機を内蔵したショーケースを製造していて、今後スーパーマーケットの自然冷媒化において、強力な選択肢となりうる製品です。

日本熱源システムでは、2019年に日本市場における独占販売権を取得しました。今後、ウォーターループシステムとの組み合わせで、地球温暖化防止と省エネを両立できるシステムを提案していきます。

Page Top