航空関連向け冷凍機

航空関連の冷凍機の用途は、空港のターミナルビル、航空機を格納する格納庫、航空会社の訓練センターの空調に加え、航空管制をつかさどるセンターのコンピュータを冷却する装置などがあります。

日本熱源システムでは、国内各地の空港のターミナルビルや格納庫を手掛け、航空管制をつかさどるセンターにも納入しています。 羽田空港の国際線ターミナルにはアンモニア冷媒の地中熱ヒートポンプという他に例をみないエコ製品を納入し、メディアにも取り上げられるなど話題を呼びました。

航空関連向け冷凍機 納入実績

お客様 物件名 所在地 納入製品
東京国際空港 国際線ターミナルビル 東京都 空冷ヒートポンプ
福岡空港ビルディング株式会社殿 国際線ターミナルビル 福岡県 空冷ヒートポンプ
北九州空港殿 ターミナルビル 福岡県 空冷ヒートポンプ
石垣空港殿 ターミナルビル 沖縄県 空冷チラー
全日空空輸株式会社殿 全日空訓練センター 東京都 空冷ヒートポンプ
国土交通省殿 常陸太田航空衛星センター 茨城県 空冷ヒートポンプ
国土交通省殿 那覇航空衛星センター 沖縄県 空冷ヒートポンプ