熱回収型ヒートポンプ

冷水、温水同時取り出しができる、空気熱源・熱回収型ヒートポンプです。

冷房と暖房が同時に運転可能

熱回収型ヒートポンプは、冷温水同時取り出し機能が備わったシステムです。 冷房を行いながら、その際に発生する凝縮熱を用いて同時に温水を作り出し暖房を行います。
コンピュータを始めOA機器の普及により、冬場や夏場に冷暖房同時需要があるケースが増えています。

熱回収型ヒートポンプ
熱回収型ヒートポンプ導入事例

熱回収型ヒートポンプの特徴

  • 夏場に温水(暖房)や、冬場に冷水(冷房)が必要な施設に最適です。
  • 冷房と暖房同時に運転が可能です(熱回収運転モード時)。
  • 大気中に排出する熱を利用することで無駄なく効率の良い運転が可能です。
  • 冷房と暖房の出力をCOP換算すると、6.0以上の能力を発揮します。
    ※COP・・・消費電力1kWあたりの冷却・加熱能力を表した値。

機能

運転モード 熱回収運転 冷房 暖房
適用分野

  • 複合施設

  • 官公庁

  • 病院

  • 教育機関

  • 博物館

  • 空港

  • スポーツ施設
冷媒 R134a R404A アンモニア

ダウンロード

ご希望の資料をチェックしてください。

(次の画面で会社名・お名前・電話番号・メールアドレスを入力してください)