レシプロ圧縮機

GEA社のCO2圧縮機の特徴

GEA社ではCO2を冷媒に使用する130Barの高耐圧、トランスクリティカル(超臨界)圧縮機と、設計圧力43Barの中耐圧・サブクリティカル(臨界)圧縮機の2つのカテゴリーの圧縮機を製造しています。

CO2はオゾン層破壊や地球温暖化に悪影響がない上、無臭無害なため、ヨーロッパではスーパーマーケットで急速に普及が進んでいます。

GEA社のレシプロ圧縮機は中央冷却方式で、ショーケースの圧縮したCO2冷媒を送り込みます。
1つの冷凍機ユニットを低温(-22℃)と中温(0℃前後)のショーケースを同時に冷却することができます。

大手スーパーマーケットを中心にCO2冷媒を採用する動きが世界中で広がっていて、近い将来CO2時代が来ることでしょう。
日本熱源システムでは、滋賀工場でCO2冷凍機システムと冷蔵ショーケース、冷凍ショーケースをつなぎ実際に運転するデモストレーション機を設置しました。 見学ご希望の方はご連絡下さい。

GEAレシプロ冷凍機
半密閉レシプロ圧縮機
用途
  • 地中熱ヒートポンプ
  • CO2冷却装置
  • 店舗用コンデンシングユニット
CO2用冷凍機
  • 50bar サブクリティカル
  • 120bar トランスクリティカル
  • スーパーのショーケース冷却
構造
  • モーター内蔵
  • 高COPを実現するスムーズなガスフロー構造
  • オイルポンプを標準装備して信頼の運転を実現

半密閉型・モータ構成

冷媒冷却方式: HGシリーズ
空冷ファン冷却方式: HAシリーズ

半密閉レシプロ圧縮機の冷媒の流れ

HGシリーズ
  • 冷媒吸入ガスがモーターを冷却し圧縮機に流入します。
HAシリーズ
  • モータは外付けの空冷ファンにて冷却されます。冷媒吸入ガスは圧縮機に直接流入します。
  • -20℃以下の低温用途に使用します。

安全・信頼性が高いオイル供給システム

  • シャフトの回転方向に左右されないオイル供給システム
  • 十分な容量のオイルだめ(クランクケース)を内蔵

摩耗に強く 耐久性が高い駆動部

  • 低摩擦のスリーブベアリングの採用
  • 表面硬度を高める処理をし耐摩耗性が高いクランクシャフト
  • アルミ製ピストン及び3重のピストンリング
  • アルミ製コネクティングロッド

インバータ制御機

  • 全機種、インバータ搭載可能です。
  • 25%の省エネルギーを実現します。

    (インバータ制御盤 別置きタイプ)

    (インバータ制御盤 一体タイプ)
  • インバータ制御の場合には常に全シリンダが運転する一方で、回転数の増減によって運転容量を 制御します。 その結果、圧力変動が少ない、安定した運転を実現できます。

バルブプレート

  • 吐出側と吸入側のバルブプレートが一体となっています。
  • バルブは衝撃に強い板バネ製です。
指状リードバルブ(HG4シリーズ) 円状リードバルブ

ダウンロード

ご希望の資料をチェックしてください。

(次の画面で会社名・お名前・電話番号・メールアドレスを入力してください)