コージェネレーションシステム

ガスエンジンで発電すると共に、排熱を利用して蒸気や温水を作り出します。

ガスエンジンで発電すると共に排熱を利用

コージェネレーションシステムは、ガスエンジンにより発電機を駆動し発電すると共に、排気ガスやエンジン冷却水の熱を回収し蒸気や温水を作りだすシステムです。 建物内で発電するため送電ロスがなく、従来の発電所で廃棄していた排熱を回収することで、エネルギー利用効率は80%以上に向上し大幅な省エネルギーの実現、また契約電力量の低減や施設全体のエネルギーコストの削減が可能です。

東日本大震災以降、災害リスクに備えるため病院をはじめ公共施設、商用施設での採用が急増しています。

コージェネレーションシステム導入事例
コージェネレーションシステム導入事例
コージェネレーションシステム導入事例

コージェネレーションシステムの特徴

  • 天然ガスの燃焼エネルギーで発電機を駆動させ、排熱を利用することで高い総合効率を得ることができます。
  • NOx低減装置の搭載に加えて、天然ガスは他の化石燃料に比べてCO2排出量が少ないため、環境保護に貢献できます。
  • 電力需要のピーク時に稼働させることで、電力負荷平準化効果があります。
  • 契約電力量、電力料金の低減と、特別高圧受電回避による受変電設備費の低減ができます。
  • 商用電力停電時に施設内の重要負荷に送電することができます。
用途
  • 発電
  • 温水利用 : 暖房、給湯
  • 蒸気利用 : 冷房(蒸気吸収式)、暖房等
適用分野

  • ホテル

  • 病院

  • 空港

  • 教育機関