GEAグループとの提携

日本熱源システムはドイツの世界的産業用機械メーカーのGEAグループと提携しています。

GEA engineering for a better world
  • 日本熱源システムは、ドイツの機械製造企業GEAグループの圧縮機部門の唯一のオフィシャルパートナーです。
  • GEAグループは世界でも最も有力な大型冷凍機メーカーの一つです。
  • 日本熱源システムでは、社員をドイツベルリンに常駐させ、最新の技術の圧縮機を自社のヒートポンプに組み込んでいます。
  • 日本熱源システムの冷凍機ユニットの心臓部にあたる圧縮機はGEA社のスクリュー圧縮機・レシプロ圧縮機を使用しています。

日本熱源システムは、ドイツの産業用機械メーカーのGEAグループと提携していて、冷凍用圧縮機部門の日本総代理会社です。

GEAグループは、ドイツのデュッセルドルフに本部を置き、プロセス機械工学・プラント工学に特化した、世界50カ国以上、250の企業、24,000人の従業員で構成される、国際企業グループです。

ドイツ株式市場では、ドイツ株価指数MDAXの主要50銘柄にも採用されています。

GEA社(Grassoスクリュー圧縮機)

GEA社のドイツ・ベルリン工場は、冷凍・空調用の圧縮機製造において150年以上の歴史を持ち、Grassoのブランドでスクリュー圧縮機を製造しています。

日本熱源システムは日本人社員を常駐させ、日本向けプロジェクトに専門に対応しています。
Grassoスクリュー圧縮機は、食品、化学、船舶などの産業用冷凍設備や 大型施設の空調設備に幅広く採用されています。

GEA社のGrassoスクリュー圧縮機の特徴

GEA社(Bockレシプロ圧縮機)

GEA社のドイツ・フリッケンハウゼン工場は80年以上の歴史を持ち、Bockのブランドでレシプロ圧縮機を製造しています。
シンプルな設計と強固な構造を持つ圧縮機は、信頼性と省エネルギーに優れています。
CO2の圧縮機も製造していてスーパーマーケットなどでの採用が広がっています。 据置用は空調や冷凍、輸送用はバスや電車、冷蔵冷凍トラックに採用されています。

GEA社のBockレシプロ圧縮機の特徴