社員紹介

次世代の製品の設計に取組む。 - 滋賀工場【設計課】松本 拓也

私はものづくりに興味があり、大学と大学院では機械工学を専攻しました。就職にあたって、環境にやさしい新製品を作りたいと思い入社を決めました。
入社後は自然冷媒であるCO2を使用した冷凍機の設計・製造に携わっています。 最初は冷凍理論もわからなかったのですが、社内の勉強会や先輩を通じて専門知識を勉強しています。 自分が設計した製品の試運転のために現場に行くことも多く、最初は本当に緊張しました。自分が設計した冷凍機が実際に現場で動くのを見るのは何物にも代え難い喜びを感じます。 現場での発見を次の新製品設計に生かしたいと思っています。
大学の研究室と共同の製品開発プロジェクトにも参加し、日々新しい知識を吸収しています。

工場の効率化を先頭に立って進めます。 - 滋賀工場【工場管理課】船田 克拓

大学では環境政策のゼミで再生可能エネルギーの活用について研究をしました。この会社が環境性を重視した製品を作っている点に興味を持ち入社しました。
滋賀工場に配属され、工場管理課に所属しています。
入社一年目で部品の受入検査や出荷検査を担当しています。また最近では製造工程管理の策定にも参加しています。更に社内のバーベキュー大会の幹事や展示会の仕切りも私の役目です。
これからは生産性の向上に向けて、若手ならではのアイデアを出して、より効率的な工場を作っていきたいと思っています。

現場での観察眼を磨く。 - 東日本サービスセンター【技術サービス部】松尾 友樹

私は高等専門学校で冷凍機の勉強をしてこの会社に入社しました。冷凍機のメンテナンスやオーバーホールを行なう技術サービス部に所属しています。
1つ1つの現場ごとにシステムが異なるため専門知識の積み重ねが大切で、冷凍機ごとに愛着を持って業務にあたっています。機械の運転音が普段と違うなといった観察眼を磨くことが重要だと思っています。
年に数回の社内の技術研修会やドイツに出張しての研修を通じて、プロフェッショナルとしての技術を磨いていきたいと思います。
メンテナンスの仕事を通じていつも冷凍機を完璧な運転状況にもっていく、これが私の役割です。

サービスマンの活躍を縁の下から支える! - 東日本サービスセンター【技術サービス部】太田 絢子

私は東日本サービスセンターの事務担当として現場でメンテナンスを行っているサービスマンのサポート業務に携わっています。
主な仕事内容は見積書の作成・現場の入場手続き・受発注業務・点検報告書作成・請求書の発行と、点検から完了に至るまでの一連の業務を担当しています。 一見同じ作業の繰り返しですが、現場によってそれぞれやり方が異なり、毎年新しい現場も増え、日々覚えることは増えています。
主に事務所での作業なのでお客様と直接お目にかかる機会はありませんが、お客様に対してはサービスマンと同じ意識を持ち、お客様が満足するよう要望に応えることが大事だと考えます。
お客様からのご質問・ご要望はすぐにサービスマンに伝え、事務の立場でできることは素早く対応し、サービスマンが安心してメンテナンスに専念できる環境作りをすることを心掛けています。

日本熱源システムとGEAとの橋渡し役です。 - ベルリン駐在事務所<br>【駐在員】金丸 景子

私はドイツ・ベルリンにあるGEA社のオフィスに常駐しています。
圧縮機や部品、スペアパーツの発注、出荷の業務にあたっています。日本から技術的な問い合わせが入りますと、ドイツ人技術者と検討会議を行なうなど技術的な橋渡しの役割も担っています。
ドイツ人の機械に対する自信と誇りは、日本人とはまた違ったものがあり、毎日刺激を受けて仕事をしています。
私が心がけているのは、ドイツ人の考え方を尊重しながらも、日本のお客様や弊社の技術者の立場で交渉をし、仕事を前進させるということです。
日本からのお客様がドイツにいらっしゃることも多く、工場見学や会議を通じて、ドイツの技術の良さを伝えるのも私の重要な役割と考えています。